う・う・うさぎのみみちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS 去年今年 H29.1,2

<<   作成日時 : 2017/01/02 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あけましておめでとうございます。

今日は、久し振りに電車で太宰府にいってきました。
お参りもですが、九博の「沖ノ島と大和朝廷」を見に行った次第です。
知らない事がたーくさんあって、宗像大社ってすごいところなんだと再認識した次第です。

天照大神の御子神である田心(たごり)姫神、たぎ津姫神、市杵島姫神の三女神は、天照大神の神勅により宗像の地に降臨され皇室、国家の守護神として沖津宮(沖ノ島)・中津宮(大島)・辺津宮(九州本土)の三宮に鎮まりました。
古事記、日本書紀に登場する宗像大社は、全国でも有数の古社とされ
沖ノ島は大和朝廷の国家祭礼の場であったことが学術調査で証明されています。

参道はごった返ししていましたが、九博の会場は展覧会の初日でもありゆったりと見ることができました。


帰りにまた参道を通り、梅がい餅をかってお店を覗き・・・・・

すると可愛らしい博多人形に出会いました。しぐさ、顔の表情がとても気に入りました。
次回参拝する時はこの人形に合うのを楽しみにしましょう。

画像



少々疲れたのでコーヒー店に入り一休み。
ロマン溢れるお店でした。



去年今年(こぞことし)貫く棒の如きもの
正岡子規に師事した俳人、高浜虚子の句。
過去、現在、未来という時間の連続性を読んだ句で、新年の本質を鋭く突いた名吟として知られています。
この句を読んでみて、繋いでいくという大切さをあらためて思った次第です。
貫く棒は貫く道と同じ意味だろうが、道と棒では微妙に受け取り方が違う。
道というと私としては何かしら漠然としたものに考えがちだが、棒という表現は手に握れる感じ、実感できる感じがします。竹刀をイメージできる。
やるぞーという気合いも感じられます。

新しい年になり
今年も去年に引き続き、地道に貫く作業を続けていきたいと思います。







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
去年今年 H29.1,2 う・う・うさぎのみみちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる